椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科

治療C 「歯周病」


最近、ハグキが腫れて痛い。よく血がでる。歯がグラグラする。こんな症状、ありますよね。

特に、30歳前後からは、虫歯に加えて歯周病への対策が必要となります。虫歯によって歯を失うというリスクよりも、歯周病によって歯を失うリスクの方が高くなってくるのです。

歯周病とは、歯を支える歯ぐきの骨の病気なのです。


一見、問題ないようにみえますが、レントゲン写真でみると、歯を支える骨がなくなってきています。

健康な人のレントゲン写真と比較するとよくわかります。


歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)。歯の周りに歯垢が蓄積すると、歯垢中の細菌と歯肉が常時接触する状況が生まれ、歯肉炎となります。このまま歯肉炎が放置されると、炎症が歯肉だけに留まらず、骨にまで達していくのです。




歯周病治療は、まず歯垢を歯面に付かないようにすることが大事。これはご自身の毎日のハミガキにかかっています。歯の根元にハブラシを当てて、小刻みにみがいてください。また、デンタルフロスや歯間ブラシを併用すると、更に効果的です。

歯垢が石灰化した歯石は、ハミガキでは取れないため、歯科医院でスケーリングという処置を行います。スケーラーという超音波の器具を使い、歯石をはがしおとしていきます。


大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080