椎名町にある信頼のおける歯科・歯医者|大山登歯科

治療B 「親しらず」


私たちには、通常、上下合わせて28本の歯があります。一番奥に歯が生えるのは12歳頃といわれていますが、その奥歯のさらに奥側に歯が生えることがあります。これを一般的に「親しらず」といいます。

大昔の人は、この親しらずもしっかり生えそろっていたのですが、現在は食生活の変化などで顎が小さくなってしまい、横向きに生えてしまう(左図)など、しっかり生えないことが多くなっています。この親しらずが時々痛くなってしまい、ひどい時には口が開けられなくなってしまうことがあります。親しらずは、必ず抜かなければならないというわけではありませんが、痛くなる可能性が高い場合には、抜いてしまった方がよいこともあるのです。

抜歯の費用は、一本あたり2千円〜6千円です。



大山登歯科
〒171-0051 東京都豊島区長崎2-14-15西村ビル1階
03-5995-0080